◇ 日本人と外国人の投資方法の違い

日本人と外国人では投資方法に違いがあると言われています。

日本人は逆張り型、外国人は順張り型が多いとされています。

これは、日本人は平均・普通であることを好み、かけ離れたものはいずれ正常に戻るはずという国民性から来ています。逆に外国人は個性を重視し、平凡から外れているならとことん突き進んでいいという考え方から来ているものと推測できます。

あくまでそのような傾向があるということですので、個人個人によっても違いますし、外国人と一言で言っても国によって違いがあるでしょう。

逆張りであっても順張りであっても、投資の売買のタイミングさえ合っていればどちらも有効な投資法です。どちらかと言えば、順張りは短期トレード、逆張りは中長期のトレードに向いています。

FXでは、儲けている人は大体が順張り型です。これは短期トレードの人が多いことにも由来しています。為替相場における短期トレードでは、流れに逆らわないことが重要であると言えます。

そのため、日本人が好みやすい逆張り型のトレードは大きなリスクを含んでいることに気を付けなければなりません。
FX(外国為替取引)の口座開設案内ページ 初心者にもおすすめです。

コメントする