◇ 証拠金とレバレッジ

証拠金に対してどれだけの倍率のお金の取引ができるかをレバレッジと言います。

例えば100万円の証拠金に対して1000万円分の取引ができるならレバレッジは10倍、
100万円の証拠金に対して1億円分の取引ができるならレバレッジは100倍となります。

昔は100倍程度のレバレッジが掛けられるFX業者が多かったです。中には200倍、300倍なんてのもありました。当然ながら、何百倍というレバレッジを掛けて、預金すべてを使って全力買いなどをしていると一瞬でなくなってしまいます。

現在では、法規制により個人では最大で25倍までのレバレッジでの取引となります。通常であればこれだけのレバレッジをかけられれば十分です。基本的には5?10倍程度のレバレッジで運用することが望ましいとされます。

個人で高いレバレッジ運用するには海外業者を利用するという手もありますが、その分リスクも高くなります。通常は日本の取引会社で十分だと思います。
FX(外国為替取引)の口座開設案内ページ 初心者にもおすすめです。

コメントする